御前山トレッキング

初夏の奥多摩へ     5月30日(金)

 

初夏の御前山1

山仲間4人で奥多摩三山のひとつ御前山トレッキングを楽しんできました。      平日とはいえ青海線の奥多摩駅周辺は、シニアを中心としたハイカーでいっぱいです。すでに奥多摩の低山は緑が濃く茂り、気温も上昇して夏を思わせる雰囲気でした。       御前山の登山口は、奥多摩湖の小河内ダムを渡った所にあります。写真の中央奥に鎮座する山が目指す御前山です。頂上までは、手前の大ブナ尾根をひたすら登ります。約4.5Kmの距離で標高差900mです。登るにしたがい眼下には奥多摩湖、又、右手は三頭山、左手は大岳山、後方は鷹ノ巣山が眺望できます。しかし、ブナ林に遮られはっきり見えない点がちょっと残念です。

 

奥多摩湖と三頭山 大ブナ尾根

奥多摩湖から望む三頭山方面       大ブナ尾根の急登が続きます

 

大ブナ尾根2 大ブナ尾根3

尾根から振り返ると鷹ノ巣方面の山々が眺望。この時期は晴れていても霞んでます。サス沢山を超えて、樹林帯の中を進みます。尾根道ですから樹林が切れた場所では、さわやかな風が心地よいです。

 

御前山頂上 堺橋からの御前山

御前山頂上1405m。頂上も樹林帯に囲まれ眺望はイマイチ。他のハイカーと会う機会はほとんどない静かな山でした。下山は、奥多摩都民の森を抜け、奥多摩湖下流の堺橋バスに向かいました。堺橋付近からの御前山が、くっきと眺望できました。

いつもは単独行ですが、今回は4人パーティのため、ワイワイガヤガヤのおしゃべり登山でした。一人で黙々と登るトレッキングもいいですが、たまには仲間たちと山の話に夢中になって登るのもいいものですね。帰りの電車も山の話で盛り上がり、楽しいシニアの山旅を満喫できました。

 

ヤマレコ 初夏の御前山