八ヶ岳

秋空の赤岳  10月11~12日

夏の立山から2ケ月、登山仲間オヤジ9人パーティで八ヶ岳へ。           前夜、茅野のホテルに前泊、翌朝8時美濃戸まで車を乗り入れスタート。

南沢 南沢2

秋の気配がただよう南沢を行者小屋に向け登って行きます。

 

南沢3 南沢4

沢づたいに樹林帯の中をすすみ、ナナカマドも真っ赤に色づいてます。

地蔵の頭 赤岳1

ようやく視界が広がり横岳と赤岳が見えてきました。

行者小屋 赤岳稜線

行者小屋                小屋からの横岳稜線

 

文三郎尾根1 阿弥陀岳

文三郎尾根の階段を上っていきます。   右手に阿弥陀岳

 

行者小屋2 文三郎尾根2

振り返ると峰の松目2567m                                 かなりきつい階段だ~!

 

阿弥陀岳2 赤岳分岐

ようやく稜線に着きました。       最後の赤岳登頂分岐

赤岳直下1 赤岳直下2

強風と冷気、そして急登が続き慎重に登っていきます。

 

赤岳頂上1 赤岳頂上2

赤岳頂上2899m

 

北八ヶ岳 硫黄岳

頂上から硫黄岳、蓼科山方面       西岳稜線

 

富士山 ブロッケン

雲の合間から富士山が眺望        ブロッケン現象 ラッキー!

 

山 夕陽

南アルプス方面と夕日

北沢1 北沢2

赤岳鉱泉に向かう途中からの台座の頭   北沢を下山

2日目は、赤岳頂上小屋から横岳、硫黄岳縦走を予定していたが、強風と降雨のため赤岳展望荘から地蔵尾根を下る。行者小屋まで高度を下げると今までの天気が嘘のようでした。山の天気はわかりませんね。

下山後、麓の日帰り温泉で入浴休憩して、オヤジ達の赤岳登山は無事終了。

ヤマレコ山行記録

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。